工事部

古河コアビル空調設備更新工事

 

FRP塗装

 

豊島岡女子学園照明設備LED交換

 

大工の部 造作・建具

建物も年数が経ちますと、部材のヘタリ、部品の摩耗等で、取替部品が生産中止となり、やむを得ず形を変えたり部材を補強し対応しております。床もコンパネ材の油性分が抜けぶかぶかになったりもしますので交換等細かな作業も手掛けています。

クロスの部

近年クロスの仕事もゼネコンの仕事量減少に伴い、腕の良い職人の方の仕事換えもあり、当社ではなるべく複数の職種を手掛けるように教育しております。

基本を忠実にをモットーに。クロスのカットは下敷きを入れて切断の深切をしない等、注意しています。

フィルムの部

現在ユニットバスの壁面、天井が膨れ上がり交換等が行われますが金額が張る為、オーナーの予算に応じて膨れ面を切開し補強した上でフィルムを貼り低価格でおさめております。
浴槽、洗面化粧台も吹付塗装にて復元しております。ガラスの補強UVフィルムのみならず、建具のひび割れを復元も行っております。塗装では補えない部材、ドアー、窓枠、EV扉等もフィルムにて施工しています。

塗装の部

塗装材も昔と違い何でもオイルペイントという時代ではなく臭いの少ないウレタン系の塗料が主立っております。塗装皮膜もやはり経年が有り、塗装する部材の性質もあります。相談がありましたら応じます。木造建築は破風材には比較的強い材料を使いますが、軒天などは耐水べニアが多く10年の周期で塗り替えを薦めています。又、床のキズ、ドアーの剥がれ、木枠の変形等フィルムまでにいたらない物を塗装にて修復しています。

防水の部

当社は新設工事をほとんど行いませんが、雨漏りがするので見てくださいという相談が多く、漏水はやはり原因があります、原因を突き止めるのが一番の仕事と思い工事をしております。先月も原因が解からず上に防水シートを貼ったが止まらないということで相談が有り、原因を調べると建物屋上の広告塔アンカー部分に穴が開いており填充材を埋めることで止めた実績もあります。

左官の部

マンションの狭小な玄関土間でも気軽に工事しております。

左官の部

設備の部

緊急も管理上、処理しています。これだけコンクリート構造物が有りますと30年物などでは給湯銅管の曲がり部分でポンプ圧がかかる場合、漏れを起こす時もあったり、雨漏りの原因が解からない時、給湯器、水道設備の耐圧テスト等にて漏水の原因が管の漏水と解かる場合もあります。

又、新しい建物でも5年経過しただけで部品が無く困る場合もあり交換等の処理をせねばならないのに、スペースがなく天井を解体することも有り、いつも「なぜ」という問題と対応しております。

設備の部

絨毯(じゅうたん)の部

絨毯(じゅうたん)の部

確かな工事をお約束します

JKS工事部は2000年9月に創業し、信頼のおける各種職人の皆さんと共に、工事を行っております。

工事部の特色

JKS工事部は主にビル、マンション、戸建の改修、原状回復、修繕工事をメインに行っております。

工事部の取組み

JKS安全協議会

JKS工事部では月1回、安全協議会を行って工事の安全報告、問題点、改善点の把握を行っております。確かな工事を安全に進めることも品質の一つであると考えています。

氷川神社安全祈願

JKS工事部では安全祈願を中野区弥生町4丁目神明氷川神社で無事執り行ないました。東京都建設業者登録を取得し益々努力する所存です。

職人連絡会だより

当社を支える職人の皆へ、外国ではギルドっていうそうです。
我々の仲間は全員技能士又はそれ以上の資格をもっています。
今月の職人連絡会では我々のユニホームを着る魂を塗装の部 滝沢さんの奥方から頂戴した手紙を通じて紹介します。


若葉萌える好季節を迎え、心も弾むようです。
度々のご用命を頂き、心より嬉しく思います、ありがとうございます。
先日は、澤口様のお人柄がうかがい知れるお手紙を拝見させて頂き、縁ある方々から慕われる歴史を感じました。
ご縁を頂いてから日も浅い私共にも同様に気をかけてくださいます。
JKSの社名が剣道由来のものと聞きました。
澤口様のご家族に寄せる思いが社名になっているというのは、貴社と関わらせて頂く私共にもご家族様との絆のおすそわけを頂くようです。
お仕事をさせて頂く中、心までも豊かに感じますのは、澤口様の心のおかげさま・・・と感じます。
有難い、と感じながら気持ち良く働かせて頂ける現場です。
今後共よろしくお願い致したいと、心より願っています。

滝澤

お問い合せ先

(株)JKS工事部

TEL 03-5328-3866

FAX 03-5328-3867

EMail koji@best-jks.com